2022/01/10

知らない間に Blood Golem さんが有能になっていた件

 

驚きの事実!

 こんにちは骨ネクロやってますか?ただこりさんです。今回は驚愕のあまり人を何人か〇〇してしまいそうな勢いの事実を確認したのでメモしておきたいと思います。

それは数十年前の話

 当時のただこりさんはやっぱりネクロマンサーをプレイしていてゴーレム中心のビルドで楽しんでました。途中まで。それまで使っていた土塊さんなClayGolem(以降土ゴレ)からシャア専用?といわんばかりの真っ赤なBloodGolem(以降血ゴレ)が使えるレベルまであがったので早速使ってみたら…

 血ゴレが受けたダメージはネクロ本体も受ける鬼畜仕様※

 何度かアイテム全ロストを喰らったあと、そっと土ゴレに戻して血ゴレはなかったことに。さらに後年スキル間のシナジーが実装され骨が超絶強化された結果、ただこりさんはゴーレムを捨てて骨軍団ビルドに精をだしていたのでした。

 ※例えば他ゲーのFF14でいうと、蒼天のころって召喚や学者のペットにはHPとか設定されて敵から攻撃をもらっていたと思う。
  これがディアブロ2風味を加えると
   ・むーたんがダメージ食らうとプレイヤーキャラもダメージが伝搬する
   ・ムーたん側は完全なフリーファイト状態。接敵したら即戦闘開始。逃げろとか指示は出来ない
  要はむーたんが勝手に攻撃をしかけて自動でヒカセンが殺されるって状態を強いられるんだよねー

そしてリザレクト

 今はPS5でリメイクをのんびりプレイしていて、やっぱり最初はネクロマンサーをやってるわけです。骨軍団ビルドをやるにしても一応ゴーレムにはスキルポイント1ぐらいは振っておくかとのんびり死んでいたとき、どうせロストしたんだからクソスキルでも試してみるかと血ゴレさんを召喚。


 そうしたらどうでしょう?血ゴレさんがダメージもらってもネクロ本体が死ななくなっているんですよ!どうしたんですか?ブリザードさん。血ゴレってそびえ立つ糞のようなどうしようもないスキルだったんじゃあないですか?初期のスケルトンより価値がないスキルだったんじゃあないですか?もうびっくりですよ。

 そんなわけでしばらく血ゴレを使ってみて、やっぱり土ゴレの方が超倍良スキルだと確信して骨軍団ビルドに精をだす今日この頃でした。なんつーかブリザードさん血ゴレとか炎ゴレとかあんま好きじゃないでしょう?ww

PS5で外付けストレージが意図せずに切断される件

 

PS5で外付けストレージが意図せずに切断される件

 結論からいうと原因は不明。以下のようなことが起こっていると勝手に想像している。

  1. PS5と外付けHDDはUSB3.0ケーブルで接続されている
  2. PS5がレストモードに移行する
  3. レストモードで最初の30分はUSBへ給電が行われる
  4. 給電が切れた後、外付けHDDの観点ではOS側が落ちたと判断してオフラインになる
  5. PS5がレストモードから復帰。外付けHDDがオフラインになっているのでPS5観点では不正に外付けHDDが切断されたと判断し非表示になる
  6. 再度PS5に認識させるまで外付けHDDが使用できなくなり、再接続されるとファイルシステムorDBの整合性チェックが走るようになる。

予想される対策

  • 外付けHDDとPS5の間にセルフパワーなUSBハブを1枚かませる。PS5が給電を切っても外付けHDDの観点ではどうでもよくなるはず
  • PS5のレストモードを使わない。お前は一生働いてろって感じでまぁよし
ただこりさんは、後者を選んでしばらく様子を見ることにします。

2022/01/07

古いiMacでiOSアプリをbuildしたいんだけど?

 


経緯

 わしのiMac2012さんは10年選手。比較的あたらしめなmac book airは、ちょっと重めのことをやらせるとファンがブオンブオン回ってすごいことになるので自宅で何かするときはまだまだiMac2012さんの出番があったりする。ストレージをSSDにメモリとeGPU増設でわりと愉快に使い潰そうとしているわけだ。

 で、もう一度swift弄りたいなぁと思ってXcodeを起動してiPhoneぶっさして適当にbuildしてみたら、実機でアプリが動かねー。これは困った、ということでbuildして実機で動かすまでは出来たので忘れないようにメモっておこうという主旨だ。これが今年一発目のゲーム系Blogですか?そうですか。

1. そもそも DeviceSupport に新しいVersionがないので足しておく

 iMac2012 で利用できる Xcode のバージョンが 12.4 で、iOS14.4 までのデバイスにアプリを投入することができるようだ。手持ちのデバイスは全部15系になるので、unsupported iOS versionとなってしまう。なのでXcodeを騙そう。騙し方は超簡単で、超イカしたイケメンがこんなリポジトリ(https://github.com/iGhibli/iOS-DeviceSupport/tree/master/DeviceSupport)を作ってくれている。ここから15.0のファイルをゲット。ちなみに、ただこりさんはこれを選んだです。

 zipを展開すると、「15.0」ってディレクトリが出来るので、Xcodeを閉じておいてから、そいつを /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/DeviceSupport に叩き込む。手持ちのデバイスをよくよく確認すると、15.1になっているので、しれっと15.1としてコピーする。コンソールから適当にこんな感じにすればよろし。

cd /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/DeviceSupport 
sudo cp -r ~/Downloads/15.0 ./
sudo chown -r root:wheel ./15.0
sudo cp -r ./15.0 ./15.1

2. Build Configuration をいじっておく

  • Xcodeを起動してプロジェクトを開くと左側にナビゲーターペイン?があるので、プロジェクト名をクリック。
  • なにやらプロジェクトの設定に遷移するので「Build Settings」をクリックする。
  • ちょこざいにもデフォルトでは全部の項目を見せやがらないので「Basic」が選択されている場合は「All」に切り替える。
  • 「Signing」ってカテゴリがあるので、そこの「Other Code Signing Flags」の値が表示されそうな部分でダブルクリック。
  • 「--generate-entitlement-der」を追記する。

3. iPhoneやiPadの実機で信頼しておく


 「信頼ですか、、美しい響きの言葉です。しかし、都合のよいように乱用されているようです。」ってコンラート・リンザーさんが言っていた気がするけど多分気のせいです。
 2までの設定をしておいてbuildすると「実機にバイナリは転送できたけど実行出来ない」って状態まで持ってくることができる。で、実機には信頼出来ないデベロッパ云々というメッセージが表示されてるはず。iOS15系の場合だと
  • 「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」を開くと中央付近に信頼する?的な項目が表示されているはずなのでそこで信頼しておく

そんなこんなで、実機でbuildできるまですすめられたはず。めんどくせーよな。

ソウルハッカーズ2ここがつらかった選手権

  注意事項  ただこりさん、ソウルハッカーズ2クリアしました。そんなわけで基本的に怒られにくいところで、ブツブツと何か言ってみようという話です。結論としてはnot for meな作品でした。というしかなかったのですが、私の中に脈々と存在しているインターネッツ老人会にありがちな文...